さいたま市で一戸建てを探している方必見!おすすめエリア情報や不動産会社をランキングで紹介しています!

一戸建て物件の購入は途中で不動産会社を変更できる?

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/08/18

不動産取引では、利害が生じるさまざまな契約が存在します。購入をするときにも、それに関連する人達に対して迷惑にならないように気を付けなくてはいけません。さいたま市の不動産会社でも、途中での不動産会社の変更についてはいくつかの考え方の違いがあります。それを理解して、最善の方法を選択するように心がけなくてはいけません。

まずは仲介と不動産の購入の違いを理解する

基本的に、不動産の取引を行う場合にはまず仲介業者に相談をしなくてはいけません。たとえば、さいたま市で不動産を購入したいと考える場合には、直接的に物件や土地を保有している人と交渉するわけではないということです。

物件や土地の取引を行う場合には、それらの不動産が本当に健全に取引できるものなのかを説明する義務があります。そして、これらの説明責任は資格を有した専門家が行わなくてはならないようになっているため、一般人が独断専行で取引を進めていけるわけではありません。

こういった、目的に応じた取引を行うことができない物件や土地の所有者は、それらを代行してくれる会社を見つけ出すことから始める必要があります。このときに必要になるのが、媒介契約と呼ばれるものです。

媒介契約は、仲介業者と行うものであるため不動産を所有している人達とは直接的に関係ありません。媒介契約を請け負った業者は、その目的を達成するために売主と買主を引き合わせるように努力する必要があります。そして、その結果でようやく売買を含めた契約を行っていきます。

重要なのが、ここで締結される契約は仲介と売買でまったく異なるという点です。一般的に、売買契約そのものが成立した場合には、途中でその契約を一方的に破棄することはほぼできません。そのため、途中での変更を求める場合には仲介である媒介契約のときになることがほとんどです。

媒介契約はあくまでも代理契約で利害が発生しないことが重要

媒介契約と売買契約の大きな違いは、そこに大きな利益や損失が発生するかどうかという点です。さいたま市の不動産会社では、有料で媒介契約を締結することがあります。これは、売買契約が実際に締結して利益がでたときに、成功報酬として費用を支払うことを約束するからです。

媒介契約を締結した当初に料金を請求しなくても、将来的な利益の約束を行うことによって目的を達成するための条件とします。しかし、こういった契約を行うと、途中でその変更を行うことによって仲介業者側に不利益を与えてしまう可能性もあります。媒介契約を途中で変更するためには、こういった利益が発生しないことを条件とすることが重要です。

とくに問題となるのが、専任媒介契約と呼ばれるもので専属的に仲介を約束することで、仲介業者に利益を発生させるようなものです。本来、媒介契約は二重に行ったとしてもトラブルになりません。これは、代理契約を締結することによって、より有利なサービスを選択することは利用者にとって利益となる可能性があるからです。

明らかに不利となる方の契約を選択する理由はないので、より有利となる方を選択するのは当然の権利といえます。ただ、不動産業界ではこういった、片方の仲介業者に顧客を奪われるような対応を抜き行為として警戒しています。ですから、トラブルが発生しないようにあらかじめそのための条件を提示しておくことが大切になります。

物件紹介だけならトラブルなく途中で変更できる

媒介契約を締結したとしても、定期的な物件紹介のみを行う業者であるのならば容易に変更できます。これはさいたま市の不動産会社でも同様で、双方にデメリットが存在しないからです。一般的に、媒介契約は物件紹介だけならば無料で行われます。専用のコンサルティング契約などを締結している場合には、定期的に料金を支払わなくてはいけないので面倒になることもあります。

しかし、物件紹介だけを行ってもらうときには、売買契約の話を進めるところまで交渉が終わってないので、途中で変更することに何の問題もありません。元々、不動産を購入する買主側はこういった媒介契約に関する拒否権が存在します。たとえば、不動産会社から横柄な態度をとられたような場合には、継続的に契約を行う必要性がないからです。

1つだけ注意が必要なのが、仲介業者と不動産会社が同じであるケースです。物件紹介を行うときに、不動産売買の契約もセットで考えられるような規定がある場合には、買主側のいい分が通らないケースもあります。このような契約内容は非常に大切で、一度そこに規定されたものに同意をしてしまうと後から勝手な都合で反故にすることが難しくなります。

ですから、単純な仲介にみえる契約であってもその中身に関しては必ず精査しなくてはいけません。ただ、本来は仲介業者を通しての物件紹介だけではそこまでの拘束力はないので、その点は安心して問題ありません。

 

一戸建ての契約には、仲介と売買でかなりの違いがあります。仲介の場合は変更がそれほど難しくはありませんが、売買などの利害が存在するときには違約金などが生じることもあるため注意が必要です。実際に変更する場合には、契約内容に問題がないかを必ずチェックしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧