さいたま市で一戸建てを探している方必見!おすすめエリア情報や不動産会社をランキングで紹介しています!

建売住宅の一戸建て物件の特徴と安く不動産購入するコツ

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/08/18

さいたま市で一戸建てを買うときに、建売住宅と注文住宅があります。この二つは設計自由度や費用、入居するまでの期間が違い、建築条件付き土地などもあります。この記事では建売住宅の主な特徴と少しでも安く不動産を買うコツを紹介します。同じ物件でも、不動産会社によっては交渉次第で安く買うことができる場合もあります。

建売住宅の一戸建て主な特徴や入居までの期間

さいたま市で一戸建てを買う場合、建売を選ぶ人も少なくありませんが、これは土地とセットで販売されている新築分譲住宅のことです。建売だと住宅が完成してから販売される場合と建築中に販売が始まる場合がありますが、どちらでも設計が決まっていることが多いです。

不動産会社が広いまとまった土地を購入し、それを複数の区画に分けてから同様仕様の住宅を建築することがほとんどで、数棟程度の小規模なものから100棟以上の大規模な分譲地まであります。大規模だと全体が統一され、美しい街並みで形成されるのが大きな特徴です。

さいたま市で同じ広さの仕様の家を建築した場合、建売だと資材をまとめて買って工事も効率よく進めるので注文よりも割安になります。ただ、設計の自由度はなく完成物件も建築途中の過程は見られません。建売をさいたま市で買うときは、予算・希望条件をまとめてから物件を探しはじめ、不動産情報サイトや不動産仲介会社を利用できます。

気になる物件があったら現地に見学をしに行き、完成前の物件の見学なら図面でわからないことは何でも聞いておいた方がよいです。購入すると決めたら、内覧できるなら建物の状態を確認して、購入の申し込みをして契約を行い不具合があるなら修繕をして引き渡しになります。契約から引き渡しまでの期間は完成していると約1ヶ月ですが、建築が始まる段階なら4ヶ月程度かかります。

建売住宅だとコストが安く入居までの期間が短め

土地と建物がセットで買えるのが建売の一番の特徴で、既に建物も完成している場合が多く、完成しているなら早い期間で入居も可能です。とくに大規模な建売の分譲地だと一つの土地開発区域に仕様が似ている住宅が複数建てられて、商業施設や病院、学校などもすべて生活圏内にあり街並みや公共交通機関も計画的に整備されていて、利便性に富んでいることが多く住みやすくなっています。

完成している一戸建てなら購入計画も立てやすく、気に入った家が見つかれば入居するまでの期間が短く、小さい子どもがいる家庭や年度の切り替えにあわせて住み替えを急いでいる場合、一戸建てに住みたいが最初から建築するのは難しいときにも建売の方がおすすめです。

建売だと土地と建物の金額もはっきりしていて、土地開発のために建てられた場合だと資材をまとめて買ってから同様の家を建てるので資材コストが抑えられて工法も計画的に進むので割安になります。土地と建物の購入資金を住宅ローンでまとめて借りるので、準備する書類手続きも1回で終わり、売買契約も両方で結びます。

既に完成していたり、未完成でも建築プランが決まっていて間取り変更ができません。ある程度そこで生活する家族像を想定して建てられているので最新設備の導入や家事、子育てがしやすい工夫もされています。日当たりや風通し、入居後の生活がイメージしやすいのもメリットで、これから着工するときでも工事中の現場に立ち寄って建築の過程を確認できるため安心感や納得感も得られます。

建売住宅を安く買うためのコツについて

建売をさいたま市で買う場合、誰もが少しでも安く買いたいと思いますが、これにはいくつかのコツがあります。まず、原則として把握しないといけないのが契約後は価格交渉ができないことで、成約してから価格について不満をいうのは不当行為になります。最悪違約金を要求されるので、必ず契約前に価格交渉を行います。

完成したばかりの物件だと100万円程度の値引きが一般的で、値引きの相場を知ることも重要です。建売で契約するときは設備の変更や、追加サービスを付けてもらうこともありますが、このような他のサービスを付けることは止めた方が良いです。

業務を合理化しているから安い価格で売り出されているので、後から付加サービスの追加や設備変更をするなど、建物に手を加える変更は業者が嫌がります。高額なプラス料金を支払ってから変更するなら別ですが、変更したら契約書を交わすだけの交渉だとイメージも悪くなるので、スムーズに進んでいたのに途中で駄目になる可能性があります。

厳密な変更を何個もいうのも同じで、印象を悪くする原因になるので交渉は安く購入できないかだけに絞った方がよいです。何か改善したいときは、ダウンした金額に応じて追加費用を支払い作り変えてもらいます。

安く買うための交渉では契約の直前が最もおすすめで、契約の意思も示してないのに価格の話をすると手間がかかる客だと思われます。契約ぎりぎりまでは物件を気に入ったお客でいて、現実に契約になったときにあと少し価格が下がるなら契約すると切り出せば、成功する確率も上がります。

 

建売住宅の一戸建ては、土地と建物がセットになっての販売で資材などもまとめて業者が買うのでコストが低く設定されています。間取りなどの設計自由度はないですが、分譲地は利便性の高いことも多いです。安く買いたい場合は契約前の購入の意思を示してから、最後に値下げ交渉をするのがコツです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧